グルメ

啤酒鸭、アヒルのビール煮とは

  1. HOME >
  2. China Blog. >
  3. グルメ >

啤酒鸭、アヒルのビール煮とは

友達が啤酒鸭(pí jiǔ yā)を作ってくれました。アヒルのビール煮です。

どんな料理かご存知ですか?

私は初めて食べました。

スパイシーで香りが良くて、ご飯が進む味です。

簡単に作れる家庭料理ですが、日本ならお店に出せる一品です。

材料

  • アヒル
  • にんじん
  • ニンニク
  • しょうが
  • 各種香辛料
    とうがらし
    青花椒(チンホァージャオ、山椒の実)
    桂皮(グイピー、シナモンの樹皮を乾燥したもの)
    八角(バージャオ)
  • ビール
  • 醤油

ポイントは、味付けが醤油だけ、たくさんの香辛料で味わいが出ます。

中国の人は調味料とか使うのを嫌う人が多いです。
オーガニック食材にこだわる人が多いです。

時々まがい物があるからというのもあるようですが、健康に気を使って食材を選びます。

八角と桂皮

作り方

作り方は簡単です。

  • アヒルの肉を投入
  • 油が出てきたら香辛料を入れて
  • アヒルの中まで火が通ったらにんじん入れて炒める
    (この時、アヒルから油がすごいでています)
  • 醤油で味付け
  • ビールで煮る
  • 煮汁が無くなったら完成

実食

完成しました。

ちょ~美味しいです。ごはんがすすむ味です。

アヒル、美味しいです。
でもアヒルの味っていうか、味付けとスパイスが美味しいです。

中華スパイスの味を楽しめる一品です。
複雑で、でもパンチが効いていて、いかにも中国の味。

でも日本人の口にも合う味ですね。
ビールで煮込むから?ショウガ・ニンニクが効いているから?
とにかく食べやすい味に仕上がってます。

それと、鶏肉だと肉の味が弱くなる気がします。アヒルだから美味しいって感じでしょうか。

それにしても油を使ってないのに、油コッテリの料理になります。
アヒルからこんなに大量の油が出るとは知らなかった。
にんじんがたくさん入りすぎですがOK。味を吸って旨いです。
そして、汁を吸ったニンニクもたまらなく旨い。

そういえば、中国の肉料理では骨が邪魔で食べにくいもの多いのですが、いつの間にか慣れてきました。
(まだ、鳥の足とか好んで食べる境地には達していませんが…)
骨の周りの肉を食べて、ぽいぽい骨をゴミ箱へ。

満腹、大満足でした。

ブログランキング・にほんブログ村へ

-グルメ

© 2021 Hamものづくりコンサルティング Powered by AFFINGER5