グルメ

湖南料理もいいね。檸檬酸菜魚、辛酸っぱい!?

  1. HOME >
  2. China Blog. >
  3. グルメ >

湖南料理もいいね。檸檬酸菜魚、辛酸っぱい!?

今回は街にくり出して、湖南料理(こなんりょうり)を食べに来ました。
湖南料理とは、どんな料理でしょうか...
四川料理と同じで辛いと聞きましたが、さていかに。

湖南料理を調べてみた

wikiより

湖南料理(こなんりょうり)は、中国湖南省の郷土料理である。中国の八大料理の一つである。

中国での一般的呼称は「湖南菜」(フーナンツァイ Húnán cài)または「湘菜」(シアンツァイ Xiāng cài)。
四川料理、貴州料理と同様に唐辛子を多用し、辛い中国料理の代表格とされる。極端なものでは、大きなトウガラシを小さなトウガラシと豆豉で炒めた料理がある。四川料理と異なるところは、四川の「麻辣」(マーラー málà)に対して「酸辣」(スワンラー suānlà)といわれる、辛味のほかに酸味が効いた味にある
「鮮辣」の強烈な風味から「中国で一番辛い料理」と言われることもあるが、もちろん全ての料理が辛い訳ではない。
湖南省出身の毛沢東がこよなく愛した料理として知られて、「毛家菜」(マオジアツァイ Máo jiā cài)という言い方もある。
強烈な味のためか湖南省の住人は気性が激しいといわれ、「湖南人と喧嘩をしてはいけない」という冗談が存在する

気性が激しいってマジか。。。
私の周りの人は大人しくて優しい人が多いから、あまり喧嘩とかも見ないし、良かったです。

ちなみに湖南はここ

湖南料理を注文しよう

さて、注文です。
中国式はメニューが紙になっていて、これに注文をチェックして(書き込んで)渡します。

この注文パターンも多いですね。便利だと思うのですが、日本では一般的ではないですね。

今回は3品注文しました。

皮蛋と青椒の和え物(辣椒擂好加点皮蛋)

まずは、皮蛋(ピータン)の和え物です。日本でもおなじみ皮蛋はアヒルの卵を熟成させてものです。
和えてあるのは青色唐辛子(青椒)です。
かなり辛いけど美味しいです。少しトロミというか粘っこい感じがあります。
皮蛋と青椒は合いますね。ご飯が進みます。

里芋の煮物(剁椒芋头仔)

次に里芋の子芋の煮物です。
これは、見た目ほど辛くありません。日本で食べる里芋と同じです。とろとろ感も美味しい。
口の中が辛いので箸休めにいいですね。

魚のレモン煮(柠檬酸菜鱼)

そして、最後にメインのお魚が来ました。

酸っぱ辛い感じですが、そんなに刺激は強くありません。
辛さは、唐辛子でなく山椒のピリッと感、そしてレモンの酸味でさわやかな感じ。

湖南料理の特徴が出ています。確かに四川料理とは違う味です。

しかし、若い緑色の山椒が沢山のってます。
間違ってこれを食べたら大変なことになりそうなので、そうそうに寄せておきましょう。

魚は大きい切り身の白身です。
味はあまりしみていない状態です。これがいいですね。
見た目と違って、さっぱり魚の味を楽しめて、でもソースはスパイシーで酸味が効いていて。
個人的には新感覚な味です。確かに特徴的な中国料理です。

それにしても二人で食べるにはキツイほど、たくさん身が入ってました。
旨かった。

お値段は

さて、お値段はこの通り。

  • 辣椒擂好加点皮蛋28元 (430円くらい)
  • 剁椒芋头仔28元   (430円くらい)
  • 柠檬酸菜鱼 88元  (1400円くらい)

ちょっと高級な料理ですが、日本の感覚で言えば激安です。
ちなみにビールはバドワイザーです。12元(180円くらい)コンビニに買うより1.5倍の値段ですが、安いです。
全部で172元(2600円くらい)です。
二人で豪勢な料理を食べて、ビールまでついてこの値段ですから、大満足です。

ブログランキング・にほんブログ村へ

-グルメ

© 2021 Hamものづくりコンサルティング Powered by AFFINGER5