グルメ

タニシのスープで食べる柳州名物 螺獅粉

  1. HOME >
  2. China Blog. >
  3. グルメ >

タニシのスープで食べる柳州名物 螺獅粉

タニシって食べれるの

中国語の先生に私は麺類が好きだと話をしたら、お勧めと紹介されたのが、柳州名物螺獅粉(luó shī fěn)です。

螺狮=タニシのことです。出汁を取っているだけで身は入っていないそうです。

紛=粉ものの意味ですが、ここでは麺のこと。しかも米紛(mǐ fěn)です。

これをタオバオで注文した後に、お化けカタツムリを発見したのですが、心折られることなく食べることとしましょう。

飽くなき食への探求は続くのです。

ちなみに以前発見したカタツムリですが、取って食べる人がいると同僚から聞きました。
それはちょっと勘弁です。
4つ足のものはテーブル以外食べると言いますが、なかなかその境地には近づけないですね。

淘宝(タオバオ)で購入、届いた

さて、タオバオで買ったのは3袋入って39.7元(600円)です。

中国の中では結構高いです。それだけ価値があるといいですね。

さて、中身を紹介です。

パッケージはなかなか斬新です。タニシの絵がいいですね。少しグロ久くて...

具在も調味料も全て入ってます。これは便利です。

お漬物風の野菜とタケノコ、麩とピーナッツが入ります。

スープ、ラー油、調味酢が入ってます。

米紛を水から茹でます。湯で時間8分。

一度麺を出してから、もう一度水にスープ、具在、ゆでた麺を入れて沸騰したら完成です。

お好みでラー油と調味酢を入れます。

今回は最初なので全部投入です。

実食、リピート確定のやつです。お土産にも

じゃーん。見た目辛そうです。

実際、辛かったけど、旨かった。

これはリピート確定のやつです。いいものを紹介頂きました。

お土産にもいいかなって思いました。

ブログランキング・にほんブログ村へ

-グルメ

© 2021 Hamものづくりコンサルティング Powered by AFFINGER5