グルメ

本物の青椒肉絲(チンジャオロース)はピーマン不使用

  1. HOME >
  2. China Blog. >
  3. グルメ >

本物の青椒肉絲(チンジャオロース)はピーマン不使用

友達が私の家で、晩御飯を作ってくれました。

チンジャオロースとマーボ豆腐と野菜炒めです。

青椒肉絲(チンジャオロース)

まずは、チンジャオロースです。

日本ではピーマンと豚肉の細切り炒めと言われるわけですが。。。

買ってきた材料の中にピーマンはありません。

あったのがこれです。

スーパーのレシートを見ると青椒(チンジャオ)とあります。

青椒肉絲(チンジャオロース)だから使うのは青椒(チンジャオ)で当たり前。

ピーマンではありません。青椒(チンジャオ)=緑唐辛子(辣椒种子)です。

はい、これは辛いやつです

ラードたっぷりの豚肉を買って、ラードで炒めます。そして、塩と豆板醤で味付け。

麻婆豆腐

マーボ豆腐も油でしっかり炒めてから豆板醤と醤油で味付け。少しお酢も入れます。

ひき肉が少しあると美味しいけど、今回は無いから入れないと言ってました。

この点は日本も同じですね。

『片栗粉とかとろみのもとは入れないのか?』と聞いたら、話が通じてないのか、『何のこと?』って怪訝な顔をされました。

日本では丸美屋のマーボ豆腐の元をよく使ってました。

あのとろみが美味しいんだよなぁ。

最後に野菜炒め

かき菜みたいな野菜の炒めもの。これはチンジャオロースを作ってる途中で少しラードを取っておいて、それ炒めてます。塩で味を調えただけです。

辛旨のチンジャオロースとマーボ豆腐、箸休めに野菜炒め。

美味しい晩御飯でした。そして、いろいろ勉強になりました。

6.18リットルの食用油

そうそう、料理しているときは、ラードだけでなく食用油も足しました。

いつも、小瓶のごま油を料理に使っているのですが、友人は普通の油がいいとのこと。

春節前に会社から配られたこちらの油。持って帰るのも大変だった。

これを早速使うことになりました。

フライパンにそそぐときは注意が必要。少量だけ出すのに慎重に傾けて対処。

冗談で、『こんなでっかい油、もう一生買わなくてもいいよね?』

って言ったら、私のジョークは通じず、友人は怪訝な顔して『3か月くらいで使い終わるかな。』って言ってました。

恐るべし・・・

ブログランキング・にほんブログ村へ

-グルメ

© 2021 Hamものづくりコンサルティング Powered by AFFINGER5