グルメ

北方家宴で北京ダックと東北醤大骨

  1. HOME >
  2. China Blog. >
  3. グルメ >

北方家宴で北京ダックと東北醤大骨

昨日、北京ダックを食べたのでレポートします。

有名店ではないらしいですが、北方家宴というお店に行きました。

この名前は北京料理の店を意味するそうです。

まずは北京ダック。

目の前で皮をそぎ落としてくれるのは定番スタイルです。

白髪ネギに、千切りキュウリと思いきや、キュウリではなくメロンでした。

オレンジだけでなく、青いのもメロンです。

普通はキュウリだと思うけど、メロンも瓜のですから、まあいいか。

一緒に包んで甘ダレをつけて包みます。

意外と合いますね。美味しいです。

みんな、北京ダックを食べるなら北京で食べるのが美味しいといいます。

私はここでも、十分美味しいと思いました。

次に『東北醤大骨』

見た目もすごい、豚のあばらの骨付き肉は、旨いです。

両手に手袋をして手でほじってムシャムシャ食べました。

ごはんと一緒に食べたくなる味です。(ありませんが)

『粉丝蒸高山娃娃菜』

そして、野菜を頼もうということで、『粉丝蒸高山娃娃菜』

娃娃=赤ん坊のことです。

娃娃菜=ミニ白菜です。言われてみると少しだけ理解できるかな!?

白菜の山の中は美味しいスープを吸った春雨が出てきました。

これも美味しいです。

これで195元(3000円くらい)

二人で食べきれないくらいです。大満足です。

北京ダックを包む薄餅追加+12(=195)

ブログランキング・にほんブログ村へ

-グルメ

© 2021 Hamものづくりコンサルティング Powered by AFFINGER5