グルメ

辛旨っ 四川水煮魚

  1. HOME >
  2. China Blog. >
  3. グルメ >

辛旨っ 四川水煮魚

今回は中華流の魚の煮つけを紹介します。

辛旨です。ごはんが進みます。四川の一般的な家庭料理だそうです。

作り方も簡単です。

材料

材料

  • 白身魚
  • もやし
  • きゅうり
  • 香草(シャンツァイ)
  • 小口ネギ
  • 生姜
  • ニンニク
  • 卵白
  • 唐辛子(タカのつめ)
  • 花椒(山椒の実)
  • しょうゆ
  • 豆板醤
  • サラダ油

分量は記載してませんが感覚でよろしくお願いします。

作り方

1.魚の準備

魚は内臓だけ取り出して、あとはぶつ切りです。
卵白を絡めておきます。
熱が通りにくい、尻尾の部分や背の部分と、熱が通りやすい部分(大きな骨がない切り身の部分)を分けておきます。

熱が通りにくい部位

熱が通りやすい部位

2.煮る

細かく刻んだ、にんにく、しょうと刻んだ唐辛子、花椒、豆板醤を油で炒めます。

香りがでてきたら、熱が通りにくい部分の魚を投入。少し炒めたら水を入れます。

沸騰したら、きゅうりを投入。

中国のきゅうりは少し太くて、生で食べるものではなく、熱を通して食べるのが普通です。
日本で調理する際は、きゅうりでも問題ありませんが、瓜などを使ってみるのも良いと思います。

次に残りの魚を投入し、醤油で味付け。

そしてもやしを投入。

熱が通って、水分が飛んで、魚が煮付けた状態になるとGOODです。

これをお皿に取り出します。

3.仕上げ

この煮付けた魚の上に刻んだ小口ネギと香草をドサッとのせます。

もう一度鍋(この場合フライパン)にたっぷりの油をひき、刻んだたっぷりの唐辛子と花椒(こちらはほどほど)を炒めます。

油ごと、小口ネギと香草の上から注ぎます。熱い油で香草に熱を入れる要領です。

今回は器が小さく難儀しました。サイズが大きのを購入せねば。

とにかくこれで完成。

まじ、旨いです。私は唐辛子と花椒はなるべく除きながら食べます。お腹がピーピーになってしまいます。

あと、骨がたくさんなので、ペッペッしながら食べるのはいつものことです。
この中国式は慣れました。
日本で食べる時は、お魚の骨の下処理した方が受けがいいかもしれないですね。

ブログランキング・にほんブログ村へ

-グルメ

© 2021 Hamものづくりコンサルティング Powered by AFFINGER5